買物支援事業とは

平成24年度三鷹市買物支援事業について

事業の経過など

三鷹市では、買物支援事業に平成23年度より5商店会[三鷹中央通り商店会、三鷹南銀座商店会、泰成商店会、三鷹台商店会、五小通り商栄会]の方々と取り組んでおります。
さらに今年度、5月中旬の商店会長連絡会において、事業に取り組む意欲のある商店会を追加募集させていただいたところ、3商店会[青柳商店会、連雀通り商店会、三鷹の森通り東栄会]の応募があり、現在、具体的な事業メニューの検討を進めています。

組織体制

平成24年度三鷹市買物支援事業組織体製図

平成24年度の取り組みについて

三鷹中央通り商店会、三鷹南銀座会、泰成商店会、三鷹台商店会、五小通り商栄会、青柳商店会、連雀通り商店会、三鷹の森通り東栄会の7つの商店会に協議会を設置して、取り組みについての検討が進められています。
現在、各協議会では、その地区特性にあわせた事業メニューを独自に考えて頂いているところですが、本部として、協議会の独自事業を補完し、支援するため、「買物応援キャラバン隊」を準備しています。
各商店街の取り組みについてはコチラ

買物支援事業本部

本部として、協議会の独自事業を補完し、支援するため、「買物応援キャラバン隊」を準備しています。
この「買物応援キャラバン隊」は、協議会が開催する「マルシェ(市場)」を一緒に盛り上げるチームです。このチームでは、生鮮三品など商店会内だけでは調達出来ない不足業種支援、集客が見込める魅力的な店舗、子どもが楽しめるメニュー等を実施する団体・個人等をキャラバン隊メンバーとして登録を行い、買物支援事業として「マルシェ(市場)」を開催する協議会のニーズにオール三鷹で応えようとするものです。
「買物応援キャラバン隊」の詳細はコチラ

井の頭日和・おたすけ隊他

Comments are closed.